田屋川災害復旧工事

昨年の大雨で落差工の下流が深掘れしたため、鋳田籠に金網の蓋をして、掃流力による石の流出を防ぐ対応をした。

セールスポイント
・パネルが強固なため、流速によるカゴ枠の変形を防ぐことが出来る。
・施工が早いため、工期が短縮でき、道路を通行止めにして施工することが出来る。
・鋳田籠とフトン籠の蓋を組み合わせることで、それぞれの弱点を補う。

施工時期:2017年3月
施工場所:山口県防府市
施工方法:護床工
施工内容:田屋川災害復旧工事 第1工区
施工面積:16㎡
発注者:山口県防府土木建築事務所