一般県道扇山公園線道路災害防除工事

沢からの流出土砂が多く、道路に土砂が流れる。敷地の問題でコンクリート擁壁での施工が出来なかった。

セールスポイント
透水性に優れているため、沢を流れる土砂を止めて、水を流す。
底にパネルがないことで、中詰め石材と地盤が噛み合い、すべり抵抗値を上げる。全てのパネルを同素材の連結金具で連結し、中詰石が入ることで、一つの重量構造物になる。
落石や土石流をくい止める役割を果たす。

施工時期:2018年1月
施工場所:長崎県南島原市
施工方法:土留工
施工内容:一般県道扇山公園線道路災害防除工事
施工面積:投影27㎡
発注者:長崎県県北振興局大瀬戸土木