緑川多自然魚巣の創出 うなぎ籠工

 

漁協から国交省への推薦。漁協の管理区域での施工。

セールスポイント
現地発生材を中詰材として利用。
大型重機や大型バックホウが通れる仮設道を作り、止水し施工をするため、日数と費用がかかるが、鋳田籠は、止水せず、約2日程度で施工が完了。
今後、追跡調査を行い、鰻の魚巣をはじめ、生き物の住処となることが期待されている。

 

 

施工時期:2018年4月
施工場所:熊本県緑川
施工方法:うなぎ籠工
施工内容:緑川多自然魚巣の創出
施工面積:42㎡
発注者:緑川漁業協同組合・熊本河川国道事務所