オオサンショウウオの宿に向いている理由 vol.4

鋳田籠は、オオサンショウウオが好んで捕食する生き物の棲み家になっています。

オオサンショウウオは、カニ、魚、カエル、昆虫など様々な生物を捕食します。

鋳田籠は サイズ不揃いの自然石を中詰材として使用しているので、石詰材の空隙に多くの生物が集まり、生息をしています。

ホームページや YouTube 鋳田籠ちゃんねる で、鋳田籠を棲み家にする生物の水中動画を見ることができます。

https://www.youtube.com/playlist…

パネルには次のように書かれてあります。

生態系を守ることは豊かな森を守ることにつながります。


——————————————
オオサンショウウオは、川の生態系の頂上に生きている生きものです。
右図のようにオオサンショウウオを頂点とした傘(アンブレラ)の下にたくさんの生きものが生息しています。オオサンショウウオを守ることはこれらすべての生きものを守ることに繋がります(アンブレラ種)。
例えば、オオサンショウウオが大型の魚たちを食べることで、魚たちが食べる水生昆虫たちの数は適度に保たれるというように生態系のバランスが保たれています。
また、里山が育んだ落ち葉は川底に沈み、カゲロウ、トビケラ、ヤゴなどに餌や住処を提供します。
オオサンショウウオの幼生はそのような落ち葉のなかに隠れながらカゲロウ類を捕食し、生きています。森と川はつながり、川は海へとつながり、森が育んだ栄養は海の豊かさを支えています。
オオサンショウウオをはじめとした河川生態系、里山の森林生態系を守り、育むことは、海の生態系の豊かさにも繋がり私達の生活をも豊かにしてくれているのです。
すべての生物とその環境を守ることが生態系の一員である我々、人間の生活を守ることにも繋がるのです。
──────────────────
鋳田籠工法協会
松村 憲吾
〒747-0012 山口県防府市牟礼今宿1-18-14
tel: 0835-28-3702
■アボンコーポレーション株式会社
URL: https://abongcorp.jp
email: info@abongcorp.jp
■(一社)鋳田籠工法協会
・ダクタイル鋳鉄かご工法 鋳田籠(ちゅうたろう)
URL: https://chutaro.info/
email: info@chutaro.info
・鋳鉄が海を衛る 鋳海衛(ちゅうべえ)
URL: http://www.chube.info/
──────────────────
#オオサンショウウオ #多自然川づくり #東広島市
#オオサンショウウオの宿 #広島大学
#広島大学総合博物館 #清水准教授
#特別天然記念物 #鋳田籠 #鋳鉄
#災害復旧工事 #護岸工 #多自然