土用の丑の日

本日は「土用の丑の日」、鰻は、ビタミンAやビタミンB群など、疲労回復や食欲増進に効果的な成分が多く含まれ、夏バテ防止にはピッタリということで鰻を食べる風習が広まっています。
しかし、鰻は絶滅危惧種だということをご存知の方も多いと思います。

本日は「土用の丑の日」、鰻は、ビタミンAやビタミンB群など、疲労回復や食欲増進に効果的な成分が多く含まれ、夏バテ防止にはピッタリということで鰻を食べる風習が広まっています。しかし、鰻は絶滅危惧種だということをご存知の方も多いと思います。…

一般社団法人 鋳田籠(ちゅうたろう)工法協会さんの投稿 2018年7月20日金曜日

 
鋳田籠工法協会では、漁協の方と直接お話をさせていただく機会が多いため、
・シラスウナギ(鰻の赤ちゃん)を放流しても、鰻が川に戻ってこない
・シラスウナギが年々高騰している
・護岸が固められ、鰻の住処が減った
・土用の丑の日で大量に鰻が消費され、売れ残ったものは処分されている
など、現場のお声をお聞きします。
鋳田籠は、中詰石の隙間に空間が出来ます。
鋳田籠工法協会では、鰻をはじめ、生物の魚巣空間を創出する取り組みをしています。
来週は、4月に施工した熊本県緑川の鋳田籠のその後を見に行きます。
熊本県緑川も鰻の産地で、シラスウナギを放流しています。鋳田籠周辺に生物や水草など増えていたら良いなと思います。
お天気が良ければ、水中撮影を行います。
https://www.google.co.jp/amp/s/m.huffingtonpost.jp/amp/2018/07/19/doyou-no-ushinohi_a_23485161/