鋳鉄が出来るまで

鋳鉄(ちゅうてつ)の歴史は2500年前頃に中国で製造され始めた金属で、日本には弥生時代期末頃の2300~2400年前に青銅器と同時期に鉄器として持ち込まれたとされています。

これほど古い時代から存在する素材で今でも使われている素材が他にあるでしょうか?

日本に鉄器によって持ち込まれた鋳鉄はその後、徐々に庶民階級にも使用されるようになり、現在では産業機械部品から一般生活用品に使用されている素材です。

さて、この鋳鉄が出来るには1200度以上に火力を上げる必要があります。鋳鉄の融点は1200度で、産業革命以前はこれらを木炭で溶かしていたのですから、原始的ではありますが当時としてはかなりの技術力が必要だたことは分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です