3R(スリーアール)は、環境と経済が両立した循環型社会を形成していくための3つの取組の頭文字をとったものです。3Rは、リデュース、リユース、リサイクルの順番で取り組むことが求められています。


〈Recycl〉リサイクル

・原料は100%リサイクル。 内訳:60%鉄スクラップ+40%副産物 新銑(ダク銑)
・使用後の製品は溶解すれば原料100%リサイクルが何度でも可。
※金属のリサイクルは、鋳物づくりは、紀元前3500年ごろメソポタミアから行われています。


〈Reuse〉リユース

・枠体の解体も簡単で、組み替えをすればリユースが可能。
・ボルトを使用せず、同素材のクサビを使用し、構造を連結することで、電飾反応による素材同士の癒着を起きにくくする。そのため繰り返しの脱着や組立てが出来る。


〈Reduce〉リデュース

・長寿命132年の耐久性で腐食にも大変強い。
・製品表面には有機溶剤などの塗装をしていないため、有害物質が出ない。
・使用後もゴミが出ない。
・災害復旧被災地では大量の土砂や落石が発生し、本工法は中詰材としてその現地発生材を使用することで撤去運搬の省力化が図れ、処分費用も抑えることが可能。


170年使い続けたて鉄湯釜

※鋳鉄の長寿命はすでに証明され、現存する鋳鉄について、300年前の橋の構造部や300年使用され続けているベルサイユ宮殿の水道管、170年使い続けた鋳鉄製の湯釜などが今も残っています。